2013年07月19日

中華鍋

中国4,000年の歴史ってすごいと思う。中華鍋を使うときそう思うことがある。
これ一つで炒める、煮る、揚げる、蒸す・・・こんな万能の調理器具を生み出した中国に感謝。
これは愛用している中華鍋。後輩の結婚式の引き出物がカタログショッピングで、これが目にとまった。多分値段的には5,000円相当くらいだと思うが、もう10年近く使えている。
となりにあるのは中華鍋を洗う「ささら」という道具。竹製のブラシ。鉄製の中華鍋は洗剤を使って洗ってはいけないのだ。洗剤をつけて洗ってしまうと表面の油分が取れてしまい、鍋が錆びる原因になる。常に油分をなじませておくために調理後は、水を流しながら「ささら」でゴシゴシと汚れをとるだけでOK。あとはもう一火にかけて、水分を飛ばして、冷めたらしまう。これだけでたった数千円の中華鍋が何年も使える。
中華鍋は重いのでイヤという女性も多いのだが、最近は軽量の中華鍋もスーパーとかで見ますよね。万能調理器具なので、是非ひとつは揃えておきたい。

003_中華鍋.jpg


山田工業所 鉄 打出片手中華鍋 30cm (板厚1.2mm)

新品価格
¥2,740から
(2013/7/21 11:02時点)





ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。