2013年08月08日

レンジでゆで卵

ゆで卵をレンジで作ったことありますか?

「え?マジ?」「爆発するってTVでやってたぞ!」

確かにそのままレンジに入れてチンしたら爆発します。レンジの掃除が大変です。

でも、ある器具を使うことで、まったく手間いらずのゆで卵ができるんです!半熟ゆで卵も楽々できます!

0010_レンジでゆで卵.jpg


名前も「レンジでゆで卵」そのまんまです。


なぜゆで卵をレンジに入れても爆発しないの?

じつは、この器具、卵が入っている周りはアルミの壁で覆われています。一度に3つまでの卵が入るのですが、卵を置くプレートはアルミです。そして上からかぶせる蓋の内側もアルミで覆われています。つまりアルミで密封状態なので、そこにマイクロ波が入らないというわけです。

で、卵を置くプレートに下には水を貯めるようになっていて、この水が沸騰して、蒸し器のようになるんです。ゆで卵というより"蒸し"卵ですね。

卵3個なら500Wで約10分。卵をいちいち転がさなくても黄身が中心にきます。半熟にしたい場合は9分くらいに設定すると中心が半熟になります。

ゆで卵は放っておいてもできるので、他の調理に時間を割くことができますよね。

右にある黄色いパーツは、生卵に穴を開ける器具です。最近は100円ショップでも買えます。(私の時は、ハンズで300円以上したかと)

何に使うかというと、卵をこの黄色いパーツの上に乗せて、上から押し込むと、パーツの下から針が出てきて、針の穴程度の穴が卵のおしりに開くんです。

この処理をした卵を、ゆで卵器を使ってゆで卵を作ると、あとあと、殻むきが楽になります。

この小さな穴から空気が入り、殻の内側に空気の膜を作り,殻がむけやすくなるんです。

一度買ってしまえば、長持ちするので、とてもコストパフォーマンスが高いキッチン用品ですよ。

レンジでらくチン ゆでたまご3ケ用 RE-278

新品価格
¥966から
(2013/8/11 00:42時点)




ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 00:35| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。