2013年08月18日

プジョー製ソルト&ペッパーミル

夏休みをもらってました。ネットがつながらないところにいたのでこのブログも更新できず、読んでいただいていた方に申し訳ないです。
今日からまた復活しますので、引き続きよろしくおねがいします。

今日のキッチン用品はプジョーのソルト&ペッパーミルを紹介します。

0011_S_プジョーミル.jpg

「PEUGEOT?」ってあの車の?

そうです。フランス車の代表格、ライオンのエンブレムのあのプジョーのミルです。

なんで車屋さんが、キッチン用品売ってるの?っと思う方もいるかと思いますが、プジョーのミルの歴史は車よりも古いのです。

あのトヨタも昔は織物屋さんでした。スバルは中島飛行機という飛行機を作っていた(今も部品を作ってますが)会社です。

話を戻して、このプジョーのミルは世界中のシェフに愛されている、プロ御用達のアイテムなんですよ。

なぜそんなにプロに人気なの?

その秘密は、プジョー独自のグラインダーの構造にあります。

グラインダーって、皆同じ形では?いえいえ、ソルトとペッパーの刃の形状はそれぞれ異なっています。

なんでも、それぞれの風味や旨味が引き立つように、特別な形になっているということなのです。

で、実際に使ってみると、挽き具合がとても心地よいです。上のS,Pのネジを緩めたり、きつくしたりで、より粗く、より細かく挽くことができます。

機能もさることながら、やはりおフランス製。曲線のデザインが絶妙ですね。私が使っているのは白木ですが、最近はアクリルやステンレス素材のものもそろっています。

塩やこしょう削るのに何千円もかけるかよ!

確かに。でも料理って、いい道具で作ると楽しいじゃないですか。

PEUGEOTのキッチン用品サイトはこちら

PEUGEOT(プジョー) フォンテンブロー シラキ 17422・ペッパーミル

新品価格
¥2,363から
(2013/8/18 14:40時点)




ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 14:30| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

レンジでゆで卵

ゆで卵をレンジで作ったことありますか?

「え?マジ?」「爆発するってTVでやってたぞ!」

確かにそのままレンジに入れてチンしたら爆発します。レンジの掃除が大変です。

でも、ある器具を使うことで、まったく手間いらずのゆで卵ができるんです!半熟ゆで卵も楽々できます!

0010_レンジでゆで卵.jpg


名前も「レンジでゆで卵」そのまんまです。


なぜゆで卵をレンジに入れても爆発しないの?

じつは、この器具、卵が入っている周りはアルミの壁で覆われています。一度に3つまでの卵が入るのですが、卵を置くプレートはアルミです。そして上からかぶせる蓋の内側もアルミで覆われています。つまりアルミで密封状態なので、そこにマイクロ波が入らないというわけです。

で、卵を置くプレートに下には水を貯めるようになっていて、この水が沸騰して、蒸し器のようになるんです。ゆで卵というより"蒸し"卵ですね。

卵3個なら500Wで約10分。卵をいちいち転がさなくても黄身が中心にきます。半熟にしたい場合は9分くらいに設定すると中心が半熟になります。

ゆで卵は放っておいてもできるので、他の調理に時間を割くことができますよね。

右にある黄色いパーツは、生卵に穴を開ける器具です。最近は100円ショップでも買えます。(私の時は、ハンズで300円以上したかと)

何に使うかというと、卵をこの黄色いパーツの上に乗せて、上から押し込むと、パーツの下から針が出てきて、針の穴程度の穴が卵のおしりに開くんです。

この処理をした卵を、ゆで卵器を使ってゆで卵を作ると、あとあと、殻むきが楽になります。

この小さな穴から空気が入り、殻の内側に空気の膜を作り,殻がむけやすくなるんです。

一度買ってしまえば、長持ちするので、とてもコストパフォーマンスが高いキッチン用品ですよ。

レンジでらくチン ゆでたまご3ケ用 RE-278

新品価格
¥966から
(2013/8/11 00:42時点)


ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 00:35| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

厚さ調整機能付きスライサー

「一台xx役!」っていうキッチン用品ってよくありますよね。
つい「これはお得だ」っと思って衝動買いすることがあるのですが、大抵、帯に短し、たすきに長しって経験はないですか?

私はこの経験が結構あるので、最近、キッチン用品は専用機能のものばかり買って使っています。そのほうが期待に応えてくれますし。

で、以前買った「一台xx役」の中に入っていた、スライサーがだめだめなので、ちょうどいい厚みで切れるスライサーないかなー、どうせなら厚みを調節できるのがあればいいのにっと思って、新宿に出かけてみたら、ありました!

0009_スライサー1.jpg

貝印の「厚み調整機能付きスライサー」。いやぁ、自分が思いつく頃には、誰かが考えて商品化してるものなんですね。だから特許や商標登録を取るのは大変なんですよね。

そんなことはさておき、早速使ってみました。
結果は・・・

すばらしい!
0009_スライサー2.jpg

これはきゅうりを厚みを変えて切ってみたのですが、サラダに入れる極薄から、酢の物に適したちょっと厚めまで、4段階か5段階の調整ができます。

なぜこんなことができるかというと、背面のスライドバーを動かすと刃の手前部分が下に落ちていく(隙間が大きくなる)ようになっているんです。うーん、これぞMade in Japan!

貝印と言えば、年配の方には、カミソリのイメージが強いと思うのですが、今や「KAI」ブランドで世界を代表するキッチン用品メーカーなんですよねぇ。アメリカでも「KAI」のキッチン用品を取り扱っているショップは結構多いです。

これでまた、スライスが楽になります。でもその分、包丁のワザが身につかなくなるんですけど・・・

貝印さんのホームページはこちら
ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 23:25| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

ケトル

ここ数年愛用しているケトル、つまりやかんを紹介します。

やかんと言えば、よくドラマでラグビー部の顔に水をぶっかけるトラディッショナルなものから、音が出るインテリア雑貨的なものまでいろいろりますよね。

で、私の愛用しているのはこれ。珈琲専用器具メーカー、ハリオのコーヒードリップケトル・ヴォーノです。

0008_ケトル.jpg


何がいいかというと、私は毎朝、コーヒーをネルドリップで一杯一杯抽出して飲みます。その時に最適な湯量を入れられるのが、この特徴的な形をしたハリオのドリップケトルです。この口の細さと曲線は、ケトルを傾けても、一気にお湯が出ないようになっています。

私は学生時代、一杯1,000円もするコーヒー専門店でアルバイトをしていたのですが、そこでもこの形状のケトルでした。

その後、美味しい珈琲を家でも飲みたいと思い、ケトルを探したのですが、なかなか見つかりませんでした。
そんなとき、ハリオのケトルをネットで見つけて、即購入。バイト先で使っていた本格的なものとはさすがに違うのですが、機能的には十分です。

もちろん普通の「やかん」としてもちゃんと機能します。

珈琲好きのかたにおすすめできる一品です。


ハリオ コーヒードリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV

新品価格
¥2,700から
(2013/8/2 23:27時点)


ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 23:17| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

フードプロセッサー

タマネギのみじん切り・・憂鬱じゃないですか?
たまには餃子でもつくろうかな?白菜やキャベツのみじん切り、憂鬱じゃないですか?

こんな時に役に立つのがフードプロセッサー。前に持っていたのもTESCOM製ですが、もっと大きかった。人に譲ってしまったので小さいモノを探していたら・・・ありました。
やっぱり日本の商品は、どの分野でも「コンパクト」ってあるんですね。すごい。アメリカでフードプロセッサーを探すと、まるで”業務用?”っていうくらいにでかいです。キッチンも広いので、コンパクトに作ろうなんていう意識はないんですよね〜。でかいは強い、強いはアメリカ、です。

さてこのTESCOMのフードプロセッサー、有名な一流メーカーほど高くなく、でも、切れ味、使い勝手、デザインはいいです。この領域の専門メーカですので、安心できます。

フードプロセッサーがあれば、みじん切りがとても楽になり、時間短縮になります。
野菜だけでなく、肉なども塊を買ってきて、これにかければ、粗挽きのミンチになります。挽肉より歯ごたえが出てハンバーグも美味しいですよ。

手間をかけるところと手を抜くところで、うまくバランスを取ることが、楽しく料理をするコツですね。
TESCOMのホームページはこちら

0007_フードプロセッサー.jpg
ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 01:29| Comment(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

ガーリックプレス

今日も愛用のキッチングッズの紹介です。
みなさんこれは何だかわかりますか?

0005_ガーリックプレス.jpg

そう、これはガーリックプレス、つまりニンニクつぶし器ですね。
スイス製のKUHN RIKON(クーンリコン)というメーカーのモノなのですが、これがまたとっても優れものなんです。
約300gと、他のガーリックプレスよりちょっと重たいのですが、これがまた大事。ニンニクを押しつぶす訳なので、軽ければそれだけ力を必要とします。でもこのクーンリコン、適度な重さがあるので、ちょっと軽く持って握力テストのようにギュッとすれば、あれよあれよと押しつぶされたニンニクが出てきます。
これを買ってからというもの、僕はもうニンニクのみじん切りはやっていません。手は臭くならないし、時間も数秒ですし。
さらにこのガーリックプレスの優れたところは、洗いやすいというところです。どんなに優れているかYouTubeのキッチンテストという動画で紹介されています。私のベスト、しかも洗いやすいって言ってますね。



残念ながら日本では扱っているショップがないようです。日本で入手できることがわかったらまたアップします。
KUHN RIKONのWebサイトはこちら
ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

チーズグレイダー

イタリアン、特にパスタやサラダには欠かせない粉チーズ。皆さんは、どうしていますか?
ある有名メーカーの筒状になっている粉チーズを使っている方も多いと思います。
でも、チーズグレーターを使って、パルメジャーノ・レッジャーノの塊をゴリゴリやって料理にふりかけると、何とも言えないチーズの芳醇な香りが食欲をそそるんです。
いろんなチーズグレーターを使ったけど、スイスのZyliss(チリス)の商品が手頃な価格の割には一番使いやすい。パルメジャーノ・レッジャーノをマッチ箱ぐらいに切って、上から入れて、親指で押さえる。あとはハンドルを回すだけ。あれよあれよとおもしろいように削られたチーズが出てきます。ドラム式なので、力のない女性でも簡単に使えます。
手入れも簡単で、ステンレス部分、ハンドル部分が取れるので、衛生的です。
これを買った理由は、アメリカであるイタリアンレストランに言ったとき、ウェイトレスがこれを使っていて「これは便利だ!」と思って買いました。何でも世界中のイタリアンレストランで使われているベストセラーだそうです。高額なステンレス製のドラム式もあるけど、これで十分ですよ。

004_チーズグレーター.jpg


zyliss チーズグレイダー ZS-11281

新品価格
¥2,268から
(2013/7/22 01:22時点)



ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

中華鍋

中国4,000年の歴史ってすごいと思う。中華鍋を使うときそう思うことがある。
これ一つで炒める、煮る、揚げる、蒸す・・・こんな万能の調理器具を生み出した中国に感謝。
これは愛用している中華鍋。後輩の結婚式の引き出物がカタログショッピングで、これが目にとまった。多分値段的には5,000円相当くらいだと思うが、もう10年近く使えている。
となりにあるのは中華鍋を洗う「ささら」という道具。竹製のブラシ。鉄製の中華鍋は洗剤を使って洗ってはいけないのだ。洗剤をつけて洗ってしまうと表面の油分が取れてしまい、鍋が錆びる原因になる。常に油分をなじませておくために調理後は、水を流しながら「ささら」でゴシゴシと汚れをとるだけでOK。あとはもう一火にかけて、水分を飛ばして、冷めたらしまう。これだけでたった数千円の中華鍋が何年も使える。
中華鍋は重いのでイヤという女性も多いのだが、最近は軽量の中華鍋もスーパーとかで見ますよね。万能調理器具なので、是非ひとつは揃えておきたい。

003_中華鍋.jpg


山田工業所 鉄 打出片手中華鍋 30cm (板厚1.2mm)

新品価格
¥2,740から
(2013/7/21 11:02時点)



ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

愛用の包丁

今日はここ4年近く愛用している包丁をご紹介します。ブランドはヘンケルス。でもただのヘンケルスではありません。Zwilling。ツヴァイリングといいます。
ヘンケルスのホームページによると、1731年に刃物職人のヨハン ペーター ヘンケルスが"刃物の町"として世界的に有名なドイツ ゾーリンゲンのカトラーズ ギルドに、双子(Zwilling / ツヴィリング)マークを登録した。これがツヴァイリングの始まりだそうです。
この包丁は3年前に私がアメリカへの転勤が決まった際、同期から餞別としてもらった品です。私が料理を作るのが好きだと知ってての粋な計らいでした。15,000円くらいする高価なものです。
12cmの細くて小さいペティナイフなのですが、使ってみて思ったのは、切れ味が抜群なのはもちろん、とにかく使いやすい。固いモノを切ったりするのには向きませんが、皮むき、千切り、みじん切り、イチョウ切りこの小回り感がとても使いやすいです。
いままでは三徳包丁を愛用していたのですが、これをもらってからは、このナイフがほとんどメインになりました。
一本はあっても絶対困らない包丁だと思うので、是非ともトライしてみてください。
ツヴァイリングのホームページはこちら

ペティナイフ.jpg


Zwilling ツインフィン ペティナイフ 30840-130

新品価格
¥4,950から
(2013/7/21 11:12時点)



ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

高級まな板

調理道具?そんなの料理の出来映えに関係ないよ。大事なのは素材と、味付けと、調理方法。
確かに調理道具が味に劇的な影響を与えないかもしれません。でも料理をするモチベーションには大きく関わるのではないでしょうか。
最近、大型のまな板を買いました。福井に本社を置く双葉商店さんというところから発売しているいちょうの一枚板です。価格はなんと9,600円。長さ45cmという家庭用に使うにはちょっと大きすぎるかなと思いきや、切った後、いちいちボールやトレイに移す手間がなく、どっしりと安定しているので、とても調理がしやすいです。
また、厚さも3cmあり、包丁のあたり具合が心地いいです。
双葉商店さんによるとイチョウは、油分を多く含んでいるので水はけがよく、フラボノイドが含まれているため臭いが残りにくいとのことです。
また、万一カビが生えてしまった場合でも、双葉商店さんの方で削ってくれるとのことです。
東急ハンズや双葉商店さんのサイトで購入できます。カスタマイズもできるとのことなので、自分の気に入ったまな板を持つというのもどうでしょうか?
双葉商店さんのホームページはこちら

まな板.jpg


松田美智子の自在道具 いちょうまな板 中 5438-000032

新品価格
¥1,575から
(2013/7/21 11:19時点)


ラベル:キッチン用品
posted by Mick at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。